ラッキョウ造り

f0017185_9142320.jpg  ラッキョウはもう遅いかな?と思いながら
  市場に着いた。
  八百屋さんは鳥取のラッキョウを勧める。
  「シャキシャキ感があって全然違うよ」
  少し高いけれど美味しい方がいい。



ビニールの袋を渡されて自分で詰めた。
八百屋さんは奥さんにラッキョウの計るのを任せ
自分は手を休めずに口だけ動く。
「今日はえのきがやすいよ。負けとくよ」
「ピーマンも大特売、一袋 50円でいいよ」

どちらも欲しくはなかったけれど、食べ物なので
「まあ 買ってもいいや」

市場はお店の人は気さくで商売上手。
昔はこんな感じだった。
今はスーパーに行くことが多く、黙って買って黙って帰ることが多い。

友達は市場はそんなに安くないと言うけれど、
野菜や果物は同じ値段だったら新鮮だし美味しい。
安くなっている物は必ず訳を言ってくれる。
買い手が承知するならそれでいい。
ポイントもカード払いもないけれど
スーパーにはない物もあるので私は面白くて
時々市場に買いに行く。

# by mmk0512 | 2017-06-26 09:19 | 食べ物 | Comments(0)

小林真央さんの別れ

f0017185_1024379.jpg  真央さんの訃報を聞いて胸が痛む。
  ブログを見た日は心配で、
  夜寝る時も頭から離れない。
  私が心配しても仕方がないのに・・
  写真を載せているので
  なおさら心配になる。



彼女は強くて優しくて、明るく勇気のある立派な女性だと思う。
子供が小さいのに・・と言いたいけれど
真央さんはそれを否定するので書くのはよそう。

癌に効く効果な薬が開発されたと聞いたが、全部の癌に効くわけではないらしい。
余命いくばくと言われてから何十年も普通の生活に戻っている人もいる。
これも運なのかもしれない。

真央さんはフリーのアナウンサーで梨園の妻となり華やかな世界に入った。
ブログの読者数258万人を超えるそうだが
もしも、一般の人が同じようにブログを更新していたとしても
あれほどフロアーはいないだろう。
その点、多くの人の関心を集め、ブログで同じ病いの人を励まし続け、
自分も強くなれたのは幸せなことだった。
それに癌健診を受ける人が多くなったというから功績は大きい。

ブログを読む度に何とか良い方に向かってほしいと思っていた。
でも家族と一緒に過ごすことができたのは恵まれていたし
幸せだったと思う。
短い人生だったけれどたくさんのことを経験した
価値ある生涯だったのではないだろうか。

# by mmk0512 | 2017-06-25 10:10 | ちょっと一言 | Comments(0)

”ゆとりの空間”

f0017185_8221780.jpgf0017185_8225473.jpg










“ゆとりの空間“栗原はるみのレストランに早目についた。
椅子に座って時間が来るまで待っていた。
グッズも食品もきれいに飾られていた。

食器が可愛らしい。
そうめんのサラダは柔らかすぎてサラダではないみたい。
お味噌汁はちょっと濃いめかな?
全面ガラスなので通る人が良く見える。
どこでも食べるお料理だけど、
コーディネートがいいと美味しそうに見えるから不思議だ。
それと雰囲気もいいし・・
ランチョンマットは手書きで何種類かのレシピが書いてある。
とても小さい字で読めない。
家に帰ってからゆっくり読もう。
でもこれを見て作る人がこの中にいるかしら?とみんなで笑った。

横浜駅東口ベイクォーターから
Sea Bassに乗って山下公園まで海から移動、
f0017185_8251933.jpg


f0017185_827722.jpg


f0017185_828176.jpg


お腹いっぱいになって海風を気持ちよく受けていた。
海って心が広くなるから不思議。

                           山下公園

f0017185_830542.jpg


f0017185_8304340.jpg


 
f0017185_8313273.jpg


たくさんのお花が咲いている。
スタッフの人たちが作業しているのを見ていた。

f0017185_8335169.jpg  あそこに椅子があるけど暑そうね











山下公園を歩いていたら暑くて咽喉が乾いた。
カフェに入ったらおしゃべりは止まらない。
桜木町まで歩いて帰って今日のエネルギーは使ったかな?

# by mmk0512 | 2017-06-22 08:43 | おでかけ | Comments(0)

生田緑地ホタルの国

f0017185_1042672.jpg  バス停19時に集合。
  「ホタルの国」は限られた時間だけ
  生田緑地に出現する仮装の国。
  生田緑地の谷戸でホタルが見られるのは
  夏至の前後1週間程度だそうだ。



6月26日まで警備の人がいるので
暗い夜道でも安心して歩ける。
階段には小さな明かりがついていてそれが頼りだ。
危ない所は警備の人が「階段ですよ」と言ってくれる。
降りる時、最初は恐かったけれどだんだん目が慣れてきた。

ゲンジホタルが暗闇に光っては消え、別の所でまた光る。
20時頃がピークで着いた頃はとても幻想的だった。
17日は3000人以上で子供も多く、騒がしかったそうだ。
ホタルを見れば「静かに」といっても無理だろうと思う。

ボランティアの人と話をした。
毎日ホタルを数えている。
今日が一番多いと言われて私達はラッキーだった。
ホタルは羽化してから1週間の命。
オスは飛びながら発光し、メスは草や葉の上で発光する。
光はホタルの会話だ。
オスとメスが巡りあい子孫を残す。

充分、鑑賞した後、反省会。
私は夕食を済ませてしまったので、パス。
これを楽しみに参加した人もいる。

# by mmk0512 | 2017-06-21 10:08 | おでかけ | Comments(0)

柴崎選手がMVPに輝く

f0017185_850317.jpg  5月のサッカー・クラブ最優秀選手に柴崎選手が選ばれた。
  とても嬉しい。
  4戦出場し1ゴール1アシスト。





スペイン人のサンス選手とホンジュラスのロサノ選手と日本人の
柴崎選手の3人が最優秀候補になり
Twitterのファン投票で柴崎選手がMVPに輝いた。
高いクオリティとゲームビジョンをもってプレーできると
世界から絶賛された選手だ。

スペインのカナリア諸島にあるテネリフェでは史上初の日本人選手。
女子サッカー選手が1人いるので島では2人しか日本人がいない。

柴崎選手は初めての海外生活で、環境適応障害で苦しみ食事もできないほどだった。
回りの人達がとてもいい人たちだったので何とか抜け切れて
サッカーに励むことができたと言う。
契約期間は2017年6月30日まで。
スペインでは2部といえども質は高い。
テネリフェで貢献してなんとか1部昇格してほしいと思う。

# by mmk0512 | 2017-06-20 08:53 | スポーツ | Comments(0)

浜離宮恩師公園・築地・佃島の散策

新橋から浜離宮恩賜庭園に歩いて行くと、川にくらげが一杯浮いていた。
先日の水族館で見たクラゲも優雅に浮かんでいて面白くずっと見ていたっけ。

浜離宮
f0017185_9453082.jpgf0017185_9463483.jpg











さっきまでひっきりなしに走る車の音、クレーン車のけたたましい音はどこえやら
静かな公園をゆっくりと散策する。
松や木々が良く手入れされていて、入場料だけでは管理出来なさそう。

               水門                       二股の松
f0017185_9472672.jpgf0017185_9484928.jpg










f0017185_9501441.jpg


f0017185_951531.jpg


                        三百年の黒松
f0017185_9522678.jpg


およそ300年前、6代将軍徳川家宣が植えたと伝えられる。
都内で最大級の黒松。

f0017185_9534188.jpg  真ん中に幹があるものと思っていたが、
  そばに寄って横からみると
  根っこから離れて枝が
  すっかり大きくなっていた。
  よくここまで育ったみのだと驚かされた。






f0017185_9571029.jpgf0017185_958483.jpg 










築地場外市場でランチするお店を探した。
お店の人達が話しているのを聞いた。
こんなに移転が長引くのは
最初の豊洲に決めたことが原因だと海外からのお客さんも多く
築地はごった返していた。
友達と迷子にならないように気を付けて歩こう。

f0017185_1015755.jpg  すしざんまいは他店よりずっとお客さんが多い。
  ウニもマグロも美味しかった。
  史上最高値落札の店とテレビで放映したのが
  CMより宣伝効果があったのかと思う。
  お店に“スタッフを募集 支度金20万円”と
  書いてある紙が貼ってある。
  最初に20万円もらってすぐやめてしまったら
  どうするのだろう。


                                         築地本願寺
f0017185_10115645.jpgf0017185_10125155.jpg












本願寺のお堂の中はとても涼しい。
気持ちよさそうに寝ている人が何人かいた。
振り返ると後ろにパイプオルガンのようなものが・・
あれはなんだろう。ここは教会ではないし・・


          芥川龍之介生誕の地                   立教学院発祥の地
f0017185_10141654.jpg f0017185_10154467.jpg










 
f0017185_1017315.jpg  住吉神社
  江戸湊の入り口で海運業、
  問屋組合等から
  海上安全。渡航安全の守護神として
  信仰を集めていた神社。






佃島で大きなお神輿を見た。
しっかりした太い木でできていてとても重そうだ。

暑くて咽喉が乾いた。
月島駅の電車に乗る前にコーヒーフロートで今日の締めに乾杯!
よもやま話をして楽しいひとときをすごした。

# by mmk0512 | 2017-06-19 10:33 | 散策 | Comments(0)

ナンプラ

f0017185_2224962.jpg  “カルディ”に行くと入口に二種類のナンプラーが
  陳列されていた。
  この頃ナンプラーは使っていないな~
  しばらくぶりでナンプラーを買うことにした。



どっちがいいかな?
お店の人にどう違うのか聞いてみる。
お店の人はビンをひっくり返して違いを探す。

私の隣の女性が「天秤マーク」が有名だけど
私はこちらの方が好きですよ」と言ってくれた。

私は素直に女性の好きなナンプラーを買った。

平成17年ラオスで買ったナンプラー事件を思い出す
タイではなくラオス。
ラオスで食べたお料理が美味しかったので聞くと
「ナンプラーを使っている」と教えてくれた料理人さん。

これを使えばこの味が出るのかとお店を探したが、売っているお店が見つからない。
レストランの台所に入り「ナンプラーを売ってください」と図々しく頼んでみた。
丁寧に包んでくれて売ってくれて嬉しかった。
歩いていると友達に会う。
友達も欲しいと言い、私が売ってくれたレストランを教えてあげる。

ところが・・
後になって私のナンプラーは漏れてきた。
使った物!?
友達の物は蓋がしっかり閉まっていて新品だ。
使った物を平気で売るなんて、日本では考えられない!!

# by mmk0512 | 2017-06-18 22:07 | 食べ物 | Comments(0)

大人の婚活パ^-ティ

f0017185_7342364.jpg  以前1人で泊まった旅館から手紙が届いた。
  京都のとても素晴らしい旅館だった。






「生涯のパートナーをお探しの方限定」とある。
本当かどうかわからないけれど
中高年のたくさんの要望から
初めて開催されることになったそうだ。

参加資格は62才~69才の人
参加費用は男性8000円、女性7000円
参加人数男女15名程度

このほかにも・・
親御様向け結婚相談会
親同士で子供の縁をつなぐ代理お見合い。
親1名の参加は15000円。
親2名の参加は25000円

親と子供の結婚相談会
親と子供が一緒にお見合いをする会
親1名、子供1名参加は20000円
親2名、子供1名参加は30000円

全国から集まるだろうから宿に
泊まることもあるだろう。
これも新しい集客の方法かしら?

親も子どもも一生懸命ならそれでいい。
これだけお金を使っても運よくパートナーが見つかれば・・
という思いを込めて参加するのだろう。

# by mmk0512 | 2017-06-15 07:36 | ちょっと一言 | Comments(0)

NISHI-TEI

f0017185_905517.jpg  住宅地の一角にNISHI-TEIがあった。
  普通の家だけどはいっていいのかな~
  友達と顔を見合わせてそっとドアを押す。
  玄関は広く・・お部屋も広く・・
  何もかもゆったりとしている家だった。






ここは“book & café“
本がずらりと並んでいて、1人で本を読んでもいいし、くつろぎの場として・・
情報交換の場として・・交流の場として・・友達とランチしたりして・・
子供とティータイムをとってもいい気軽な場所。

開店1周年記念のイベントとしてハンドメイド マーケットを行っていた。

f0017185_924537.jpgf0017185_931823.jpg











可愛い個性のある小物が沢山あって若い女性に人気がありそう。

6月5日はクイックカラー診断があったそうだ。
“カラーサロン 花園“さんのプチカラー診断は大人気。
ワンコインで診断がうけられるそうだ。

f0017185_941667.jpg  緑のお庭を見ながらお茶してもいい。
  レンタルスペースもあって
  ここは和室でかなり広い。
  私が行った時は予約席が多く
  ほぼ満席だった。
  若い女性が好きそうな企画と
  普通の家のCaféテラスは
  今にあう珍しいショップでもある。

# by mmk0512 | 2017-06-14 09:09 | おでかけ | Comments(0)

6月の旅行計画

f0017185_847646.png  行きたいところは沢山あるけれどまとまらない。
  一つずつクリアしたいけれど
  バスの本数が少なくて
  ちょっと寄ってみようと思っても
  無理なのでここもパス。



みにくいHPもある。
アクセスは車を前提としている。
メールで問い合わせたり、電話で時刻を聞いたりしている。
同じ所に行くにも、散策バスと路線バスではルートがちがう。
おまけに路線バスは途中までしか行かず乗り換えて次のバスを待つ。

「バスは通っていますか」とメールで問い合わせたとき、
「HPで調べて下さい」と返事がきた。
HPで調べてもわからないから尋ねているのにさぁ~

またある所では「ホテルの人に朝のバスの発車時刻を聞いてください」だって。
それでもどうにかめどがついた。

JRのみどりの窓口に行き、私が計画して印刷したものをもって行き
あっているかどうか調べてもらう。
列車の時刻があっていれば切符を買うつもり。

今回も「とてもよく出来ています」と褒められた。
私はどこも褒めるところがないのに、旅行の時だけは褒められる。

「よく1人で海外に行けるわね。」(飛行機にのれば連れて行ってくれるもん)
「1人で旅行するのは恐くないの?」(日本だったら大丈夫)

旅行中も親切な人に会うことが多い。
大館ではレンタカーのお店で道を聞いたらのせていってくれたし・・
薬研温泉では2キロ歩く予定だったのに、パートの女性が自分の車で迎えに来てくれたし・・
桧枝岐では駅までの長い道のりを、
車に乗せて行ってくれると声をかけられたし・・

「友達から運がいい」と言われるけれどこの頃やっと気が付いた。
これはみんな“年のせい“だということに・・
車だって心配だから乗せてくれたんだと思う。

旅行の計画書を見て普通は「よくできていますね」なんて言わないでしょう。
年のわりには・・という言葉を省いてくれる思いやりのあるスタッフ。
兎に角、切符を買ってこれで一安心。

# by mmk0512 | 2017-06-13 08:52 | ちょっと一言 | Comments(0)

ベトナムフェスティバル2017

先日,日本で唯一のトルン奏者・小栗久美子さんの素晴らしい演奏を聞いた。
トルンはベトナムの民族楽器の竹琴でとてもめずらしいものだ。
その音色に魅せられて代々木公園に行く。

公園に着くと美味しそうな匂い。
ベトナム・バインミー
f0017185_9124069.jpgf0017185_9131160.jpg










私はバインミーが好き。
ベトナムのパンは日本と違うパンで美味しいパンだ。
チキンを選んで作ってもらった。

暑い!
兎に角暑い!
椅子に座っているとお尻がやけどしそう。
食べ終わった後、エコステーションまでゴミを運ぶ。
人は多いのに、ゴミ一つない会場で清潔なのに驚いた。

メインステージでは中年の男性が多かった。
アオザイショーが始まって出し物が続く。
私の目あてはトルン。

f0017185_9152795.jpgf0017185_916234.jpg 










f0017185_9191783.jpg

初めて見る楽器だと言う人も多く澄んだ音色は素晴らしく拍手喝采!!
クルド人が剣を持って舞う戦いの踊りを表現している「剣の舞」は
野性的で激しい曲だ。
観客席はしんと静まりかえって演奏に魅せられていた。

f0017185_9201134.jpg  小物や洋服や食品を見て回る。
  和服の布地で作ったアオザイは
  とてもいいが3万円と高い値段。
  若い女性が「欲しいけど諦める」と彼に言う。
  私達はかわいい小物とお菓子を買った。






f0017185_922212.jpg木でつくったハンガー
買わなくても木でハンガーはできる
器用なベトナムの人。








f0017185_9233641.jpg  足つぼマッサージ ハーブボール
  ベトナム人がマッサージをしてくれて
  気持ちよさそう。








咽喉が乾いたので“BBB“もよかったけれど“スム―ジーを買いに行った。
ベムナムのスムージーはとても美味しかったので、もう一度味わいたかった。
・・・が好きなマンゴも売り切れでキュウイだけが残っていた。
ベトナムで飲んだのとちょっと違うな~
でも冷たくて美味しかった。

f0017185_9251293.jpg陸橋から見た会場
このテントは
この前上野公園で見たものと同じだった。
ということは上野でもベトナムに関するものを
やっていたのかもしれない。








暑さと人ごみから逃れて公園の木陰で休む。

そばで“流しそうめん”を作って食べている男性グループがいた。
ビニールの袋からおそうめんをだし、上に置くと、お滑り台のように
おそうめんが流れて降りてくる。
まるでおままごとをしているみたい。

帰りの電車も座れて、やっと家の近くでコーヒータイム。
これで喧噪で疲れた体がリラックスできた。

# by mmk0512 | 2017-06-12 09:36 | おでかけ | Comments(0)

よこはま動物園・ズーラシア

以前来たときとまるで変っていた。
殺風景でまだ発展しつつある動物園は、ずいぶん歩くところが多く広い動物園だった。
今は違う
こんもり木が生い茂り、木陰にもなっている。
お花も沢山咲いている。
道も整備されてとても歩きやすい。
車いすは無料で貸出している。

f0017185_1083593.jpg  サルの赤ちゃんは親から
  離れられないけれど自分で
  できる範囲で動いている。
  遊ぶ姿が可愛くて
  いつまでも見ていたくなる。








f0017185_9431475.jpgレッサーパンダ
飼育係の人が説明していた。
パンダは有名だけれど元はレッサーパンダ。
最初「パンダ」と呼ばれていたが、
ジャイアントパンダが発見されると
レッサー(Lesser)パンダと呼ぶようになった。
周囲を見る時直立し
二本足で数歩歩くこともある。




f0017185_948311.jpg  ペンギン 
  水の中で泳ぐ姿も可愛らしい。
  外からも水の中はガラス越しに見える。
  歩く様子はおむつの取れない
  赤ちゃんのようだ。







f0017185_9501782.jpgアマゾンセンターでランチ
1人ずつおかずをテーブルの上に出す。
ホテルのビュッフェみたいににぎやかになった。









f0017185_9512987.jpg  横浜動物園に来たら
  オカピーみなければ・・
  変わった模様のある動物だ。









隣りの里山ガーデンにも行った。
f0017185_9525658.jpg  以前よりお花は
くたびれてきたけれどまだ大丈夫。
広くてきれいに整備されている道は
これから何に使うのだろう。







ズーラシアは広い。
アジアの熱帯林、亜熱帯の森、中央アジアの高地、日本の山里、
アマゾンの密林と進んだが楽しく動物を見ながらなので
全部回るのは無理だった。
またこの次の機会にしよう。

# by mmk0512 | 2017-06-11 10:16 | 散策 | Comments(0)

固定資産税の督促状

f0017185_7384764.png  毎年一括で税金を払っていたが 
  分割しても大して変わらないと聞いて
  分割にしていたのを忘れてしまった。





友達が「督促状が届いたら払えばいいい」と言ってくれたので
のんびりしていたこともある。
銀行に行ってお金を引出し整理券をとって順番を待っていた。
都市銀行ではないのでスタッフの人もわりとのんびりしている。

お客さんが美容院の話、子供や孫の話をしてなかなか終わらない。
私は15分後には銀行を出なければならない用事があったので、だんだんイラついてきた。
立ったら気が付くだろうと思ったが一向に話が終わらない。

やっと私の番がきた。
督促状だけど振り込めるか聞くと電話して確かめると言う。
散々待っていたのにまた待つの?
「向こう次第ですが10分はかかります」と言われてがっかりだった。
「また出直します」と言うと「コンビニならすぐできますよ」と教えてくれた。
だったら早く言ってくれればよかったのに・・

コンビニではすぐ振り込めた。
なーんだ!
便利なコンビニや100均の使い方が私には、まだいまいちだ。

# by mmk0512 | 2017-06-10 07:41 | ちょっと一言 | Comments(0)

巨人12連敗

f0017185_17384091.jpg  連敗は泥沼にはまる。
  何をしてもうまくいかない。
  又ダメかな~等思わないでほしい。




巨人は12年間で7度のリーグ優勝・3度の日本一にもなった。
そのころ何でも欲しがる原・元監督は、お金を使って大補強。
優秀な人材を集めて「誰が巨人の監督をやっても優勝できる」と言わしめた時があった。

私は昔、多摩川の練習場に行って巨人の選手をまじかにみていたので
巨人を応援していたけれど
あまりにも目先の優勝の事ばかり考えて補強する巨人に嫌気をさした。

F・Aで選手をとり、若手を育成していないつけが今、回っている。
広島や楽天は若い選手が多く育っていて、勢いがあって面白い。
巨人の平均年齢は31.才。
20代前半の選手はいない。
高橋監督は暗いと言われるが、元凶は原監督時代にあるのかもしれない。

日テレもさすがに巨人戦を放送したくないだろう。

# by mmk0512 | 2017-06-09 17:41 | スポーツ | Comments(0)

サッカーの試合後

f0017185_9444171.jpg  ワールドカップ 韓国2017
  5月27日、サッカーU-20の日本対イタリアの試合は
  堂安選手の2ゴールで引き分けに持って行けた。
  素晴らしいゲームだった。


試合後の日本選手のロッカールームにはゴミ一つ落ちていない。
コップはキチンと重ねられておいてある。
関係者はこれを見て驚いたそうだ。
韓国紙は「歴史認識以外は完璧な国。
日本の国民性は誠実なのに、なぜ政治家は毎日のように嘘をつく。
本当に不思議な国だ」と報じている。

折角褒められたのに・・
5月31日 埼玉スタジアムでホームのレッズが韓国のチェジュに勝った。
勝つために日本はボールをキープして試合を遅らせる。
それもあったのかどうかわからなけれど
韓国選手は「槙野選手がベンチ手前で刺激的な行為をした」と言い
槙野選手は「相手から乱闘を仕掛けてきた」という。
確かに槙野選手はよくないと思う。
自分の立場が反対だったらどう思うだろう。

何時も私は言っているように、勝ったからといって
相手を見下すような態度は嫌いだ。
韓国の監督は「負ける者のマナーもあれば、勝利するマナーもある」とのべている。。

折角、U-20の選手が褒められているのに、お兄ちゃん達選手が
見苦しいことをしてしまって残念に思っています。

# by mmk0512 | 2017-06-08 09:53 | スポーツ | Comments(0)

優しい駅員さん

f0017185_8281189.png  パスモを使って改札口に入り
  ホームに向かった時「すみませ~ん」と
  大きな声が聞こえた。
  私のパスモがどうかしたのかと振り向く。



駅員さんが呼びとめて、そばに寄って来た・・が私にではなく
横にいた学生たちだった。
1人の女子学生に声をかける。
「何年生ですか?」
彼女は小さい声で中学1年です」と言うと
「これは子供のですね。こんなことをしてはダメですよ」と優しく諭すようにいった。
この学生の制服を見ればすぐわかる。
この駅の近くの私立の学生だったので、駅員さんも怒らなかったのだろう。
一緒にいたお友達に「子供の回数券を使ってしまったの?」と聞くと
友達は顔を見合わせて下を向いて頷いていた。

私も昔、代々木駅で捕まったことがあった。
子供の切符ではない。
なんだか忘れてしまったが、別室に呼ばれてこっぴどく怒られた。
このことを思い出し、なんて優しい駅員さんなんだろうと思ってしまった。
近くの学校だから、・・という理由もあるのだろう。

# by mmk0512 | 2017-06-06 08:36 | ちょっと一言 | Comments(0)

第71回女流画家協会展

上野駅を降りて公園の中を通る。
「パンダは見られます」の看板が建ててある動物園。
まだ確定していないけれどパンダの赤ちゃんが生まれるといいな~

f0017185_9185540.jpg  東京都美術館には沢山の人。
  女流画家協会展はその中にあった。
  昔、男性を中心に回っていた世界。
  だんだん女性の進出が華々しくなり
  美術界でも女性の活躍が
  目覚ましくなっていった。
  そこでこの協会を立ち上げたそうだ。



出品数の多いこと。
順番通りに絵を見て歩く。
これ全部が女性の作品?と思えるような力強いものが何点かある。
絵というより芸術作品のようなものもあった。

f0017185_922505.jpg上に飾ってある絵画はみえにくい。
場所が悪く何か気の毒な気がした。
これも順番なのだろうか?
それとも上下関係なのだろうか?






絵は写真と違って個性があるので好きだけれど
意味不明の作品がとても多くなったように思う。
でも解説を見るとなるほど・・「そういう意図があったのか~」と
思ことが多い。
要するに私はまだその域に達していないということ!?

f0017185_9251398.jpg  上野公園内でイベントがあるらしい。
  人に聞いたらわからなかった。









f0017185_9272239.jpg遅めのランチは
"がんこ”でお寿司。
新人のスタッフが手書きで書いたイベントの紙を私に渡した。
不慣れな態度で一生懸命さがみえる。
「頑張って仕事を続けてね」と応援したくなってしまった。






この辺で学生だった頃、靴を買うお金をすられたことがあった。
バイトでためた大切なお金。
新しい靴が買えず、今でも悔しい思いが残っている。

久しぶりに混雑したアメ横をブラ散策。
聞いたことのない言葉を聞き、海外の人の「これは何だろう」という
もの珍しいしぐさをみてここはやっぱりアメ横だ!と実感した。

# by mmk0512 | 2017-06-05 09:39 | おでかけ | Comments(0)

録音電話

f0017185_7515567.jpg  私の家は常に留守電にしていて
  名前が登録している人しか出ないようにしている。
  私はだまされやすいから・・
  留守なので受話器をとらないのに
  勝手に喋っている。




今日も「全国アンケート調査会です」と録音に入っていた。
「床下工事の簡単な調査をおこないます。
一戸建ては1
そうでない方は2を押してください。
それから無言
そして切れた。

先日は「簡単な耐震の調査をおこないます」と留守電に入っていた。
「お宅は持家ですか? 賃貸ですか?」と聞く
「持家のひとは1
賃貸のひとは2を押してください。」

これは同じ会社なのかもしれない。
持家の人だけをターゲットにしてまた電話をかける。
安易にお客さんを見つける方法だ。
真面目に答える人もいるだろう。
全部が悪徳業者だとは思わないけれど
ひっかからないように気をつけよう。

因みに横浜市の青葉区は詐欺被害額が一番多く1億円だとか・・

# by mmk0512 | 2017-06-04 07:55 | ちょっと一言 | Comments(0)

横浜市青葉区、平川・保木の散策

歴史研究科の宮沢氏の軽妙な語り口を聞きながら散策をする。

* 地名を付ける時は1人しか住んでいない時はつけない。
  教える必要がないからだ。
  危険な場所や水のある場所に名前を付ける。
  このあたりは湧水があり住みやすい場所だった。

* 昔、青葉区の平川には山梨県から来た女工さんが150名ほどいた。
  男は炭焼きや狩りで生計をたてていた。
  山梨弁が横浜の言葉になっているものもある。

* 平川神社の社殿の彫り物はたいしたものだ。
  当時、農産物を売ったりして経済力のある人物がいたのだろう。
  近所の氏神さまにお願いごとをするのではなく
  有り難うの感謝の気持ちを伝えたい。

f0017185_2051270.jpg  筆子塚
  岩崎太郎左衛門という人が
  寺子屋で40名ほどの子供に
  学問を教えていた。
  泥棒にも食べ物を与える
  とても優しい人だった。
  小学校が出来たときも子ども達は
  学校に行きたがらなかったとか。
  亡くなった時寺子屋があったところに
  筆子塚を作ったと言う。

車一台が通れるほどの狭い道に筆子塚がある。

* 銅銭も742枚見つかったと言うから
  このあたりはお城があったのかもしれない。
  若い街という印象だが古墳時代に遡る。
  今の私達の生活の源となっている。  

f0017185_20121767.jpg平川の大灯篭
浄土真宗・本願寺派の覚永寺に行く道に
大きな灯篭がある。
江戸の薩摩屋敷に奉公していた平川の女性が
お礼にもらってきたものと伝えられていて
「薩摩灯篭」とも呼ばれている。
とても大きい灯篭だ。
説明を受けながらの散策は
知らないことばかり。
面白くて興味ぶかかった。
また今度続きをしてくれるそうなので
楽しみにしている。

# by mmk0512 | 2017-06-03 20:21 | 散策 | Comments(0)

偶然会った友達

f0017185_8484618.png  家に帰る途中、偶然に二人の友達に会う。
  1人は一年に一度くらい
  もう一人は何年ぶりかで会う友達だった。
  ちっとも変っていないのが嬉しい。
  「わぁ~しばらくね。どこに行くの?」
  「家に帰るところなの」と私。
  「しばらくぶりだからお茶しない?」と二人に誘われた。



彼女たちは私を連れて、今いたCaféに逆戻り。
「帰ってきましたよ~」という声でお店の人は笑っていた。

「今コーヒーを飲んだばかりだから違うのにする?」
「でも美味しいからまたコーヒーがいい」

お店の人も「一日に5杯はいいそうですよ」と勧めている。
このCaféのコーヒーはとても美味しくて私も大好きだった。

3人で積もる話をする。
3人の共通の話題で盛り上がる。
夕方になってしまったので、続きはこの次ね。
今度はランチの約束をして別れた。

久しぶりの友達は懐かしく、たったこれだけのことなのに
今日はとても気持ちがウキウキしている。

# by mmk0512 | 2017-06-02 08:52 | ちょっと一言 | Comments(0)

免許返納

f0017185_985649.jpg  高齢者が運転免許を返納すると
  各自治体は様々な特典を出している。
  交通事故がなくなるようにという目的だと思うが
  自分の技量の衰えは自分が一番よくわかる。



愛知県一宮市のサービスは・・
「平安閣」がだした葬儀費用15%引き。
運転経歴証明書を持っている人と配偶者と
三親等以内の親族が対象だという。
57万円が48万4500円になるようだ。
その他にバスの回数券やタクシー運賃の割引もあるそうだ。

車を乗らなくなるのだからタクシーの割引は賛成だけれど
「免許の返納特典 → 死」 は何とも悲しいし
葬儀の割引では免許証を返納した本人は
なにも得にならない。

もう少し気のきいた特典を考えてもらいたい。

# by mmk0512 | 2017-06-01 09:13 | ちょっと一言 | Comments(0)

夕日の滝・大雄山・ソーラーウェイ

f0017185_20343888.jpg  夕日の滝
  金時山の斜面から流れる水は
  美しい姿から「夕日の滝」
  勇ましく水しぶきを上げるので
  「雄飛の滝」とも呼ばれた。
  坂田の金時が地蔵堂で生まれて
  産湯にこの滝が使われたそうだ。
  以前私はここから暗いびちゃびちゃの山道を登り
  箱根の明神が岳まで
  歩いたことがあった。

  広い明神が岳が見えたときの嬉しかったこと!

近くにある「金太郎の力水」は美味しい水だった。
地蔵堂水源の湧水を浄水処理しているので飲料水になっている。

f0017185_20371018.jpg金太郎が熊、猿、うさぎと一緒に遊んだかな?
♪まさかり 担いだきんたろお~♪
♪熊にまたがりお馬のけいこ♪
の歌詞が書いてあった。







f0017185_20384962.jpg  昔の道 
  というより昨年の秋ににはま
  だ歩きにくいこの道だったそうだ。
  すり減った石だしすべって歩きにくい。







f0017185_20421560.jpg今の道はきれいに整備されていてとても歩きやすかった。
しんと静まり返った林。
空気がとてもきれいで新緑の木々の葉が見事だ。








くねくねと狭い道を車は走る。
1台のスペースに車を置いて沢山の階段を登って足柄城址跡に着いた。

f0017185_20472615.jpg  頂上からは曇っていて富士山が見えない  
  「又いらっしゃい」と言う事かな?








f0017185_20484756.jpg足柄峠を通って古代の足柄之関跡へ









f0017185_20494452.jpg


強盗等取り締まるために設けられた関所。
この峠の歴史は古く、官道、公道として東海道最大の難所だった。
旅人が石に手をついてお辞儀をして手形を差し出すおじぎ石も見える。

f0017185_21172571.jpg  首供養塚
  盗賊や通行許可証がなくて
  足柄の関所破りをした人達を処刑し
  さらし首にした場所。
  後に供養塔を建てて弔った。








車一台通らない細い山道を下って大雄山最乗寺に着いた。
ランチは「十八丁目茶屋」で「麦とろ定食」
ちょっぴりビールもあって美味しかった。
お蕎麦のおつゆが少し濃かったかな?

f0017185_20551613.jpgf0017185_2055509.jpg










何度来ても見が引きしまる思いがする。
まっすぐ伸びた杉の木、緑の濃い景色、水のせせらぎの音を聞きながら階段を上る。

f0017185_20582851.jpg  世界一大きい和合下駄3800kg。











f0017185_210264.jpg手水場のうらに回ったら驚いた!
龍神は水の神様なのでご神水だ。
加山雄三のおばあ様が寄進された龍だとか・・
雄三の名前もここからつけたそうだ。








f0017185_2112461.jpg  急に大きなホラ貝を吹く音がした。
  続いて太鼓がドーンドーンと鳴る音。
  「どうぞおあがりください」と書いてあるので
  靴を脱いで手を合わせて中に入れてもらった。
  檀家さんなのか1人座っていた。
  8人のお坊さんが並びお経帳を
  アコーデオンみたいに
  大きく開いたり閉じたりを繰り返している。
  曹洞宗の迫力あるご祈祷をはじめて見た。
  ここは曹洞宗の三大寺院だそうだ。


足柄大井ソーラーウェイ
f0017185_214321.jpg


f0017185_2145217.jpg


f0017185_2153341.jpg


ここにたどり着くまでものすごく細く、ガタガタとした曲りくねった道だった。
車に木の葉がこすれるし、木が覆って前が見えにくいほどの恐い道。
大井町を飛行するパイロットが緑の山のなかに突然、湖が出来たかと驚くほどの大きさだった。
JAC国際エナジーが小松製作所試験所跡地に
神奈川県で2番目に大きい太陽光発電を稼働させた。
高所で日射量が多い特性を生かし、安定した発電量が見込まれている。
銀色に光るパネルは約5万枚。
年間約3600世帯分の発電量で全部、東電に売っている。
スタッフの人が展望台まで案内してくれた。
上から見た景色は本当に湖のようだった。
パネルの高さは2m。
私達が立っていられる高さだ。
雪が一番困ると説明してくれた人の話。
なんでも質問に答えてくれるスタッフ。

とても行きにくい場所だけど
一度訪ねるのもいいかもしれない。
楽しい仲間とワイワイがやがやの有意義な一日でした。

# by mmk0512 | 2017-05-30 21:25 | おでかけ | Comments(0)

清宮選手の人気

f0017185_9325340.png  マスコミが盛んに高校生の清宮選手を扱っている。
  清宮選手は通算92本のホームランを打っている。
  すごいスラッガーではあるけれど、
  このうち70本が練習試合。
  公式戦では21本で、
  甲子園では1年生の夏に2本のホームランのみ。
  甲子園で活躍した松井選手のような人でも
  これほどマスコミには出なかったと思う。




プロ野球の通算記録がオープン戦を含むようなもので
練習試合も含むとは驚いた。

高校生同志の練習試合では格下の高校と試合をすることもある。
強豪高校は有望な選手を集めているので、格差があるらしい。
近年、観客が喜ぶように、ボールを軽くして
飛ばすようにしたのではないかと勘繰る人もいる。

昔はそう簡単にホームランを見なかった。
だから王選手や長嶋選手は偉大だった。

今はやたら多くなり歴史も塗り替えつつある。
2017年4月28日春季東京大会で早実18-17日大三校の試合は
点数を見るとまるでラクビーの試合みたい。

9回には日大三校が7点も入れるも逆転負け。
ひどい乱打戦だった。

観客は清宮選手見たさに長蛇の列。
私はいつもいうように野球はピッチャーが一番大事。
ピッチャーにも目を向けてほしい。
高校生に対するマスコミの盛り上げ方は異常だ。
巨人は観客欲しさに(?)もう清宮選手に食指がうごいているそうだ。

清宮君はこの騒ぎを嬉しいと思っているのか・・
迷惑だと思っているのか・・
どっちなんだろう。

# by mmk0512 | 2017-05-30 09:41 | スポーツ | Comments(0)

曖昧な答弁

f0017185_9131042.gif  森友学園に続き加計学園の
  新設の疑惑が出ている。
  安倍首相は「国家戦略特区」と指定して
  今まで実現しなかった岡山大学の獣医学部をあっさり造ることになる。
  37億円の土地を無償提供。
  大学事業費の192億円のうち96億円を
  愛媛県と市で負担するようだ。
  市民と県民の税金を使っていながら、岡山の建設業者を使うなんておかしい。 



加計学園の「御影インターナショナルこども園」の名誉園長は昭恵夫人。
ここでも昭恵夫人の名前が上がる。
夫人の私人としての活動を許す安倍首相の弱さがみえる。
この二校は「安倍友学園」と呼ばれているそうだ。

新設にあたって「総理のご意向」と官邸の最高レベルの人の言葉があったという
前川氏も籠池氏と同じように証人喚問に立ってもいいと言っている。
二人は命がけで嘘は言わないだろう。
昭恵夫人と理財局の役人の二人の本人の言葉が聞きたいと思う。
一回も当事者が顏を出さないのは、言いたくない何かがあるのだろう。

森友学園の売買契約の資料は1年間の保存なので破棄したと理財局の人が言った。
民間の不動産さんだって契約書は大切に保管しているのに破棄したとは思えないし
大切な書類を破棄する勇気があったかどうかも疑がってしまう。

加計学園の信憑性のない資料は見当たらないとか・・
いつもの逃げ口で終わろうとしている政府。
週刊誌は前川氏の個人的なことを暴露して、
矛先を別な方に向けようとしているが
それとこれとは関係ない。

私はボランティアをしていて社会福祉協議会から少しのお金をいただいている。
たった5円のコピー代だって領収書をつけて
会計報告は5年間の保管を義務づけられている。

理財局の人は終わったら何億のお金が動いたとしても1年で破棄する書類。
国民は市から頂いた少しの金額でも5年間も保管する書類。

この差は一体何なんだろう?

# by mmk0512 | 2017-05-29 09:29 | 思うこと | Comments(0)

葛西臨海公園・葛西臨海水族館

f0017185_974571.jpg  うつぎがきれいに咲いている。
  しばらく公園の中を歩くと
  バードウオッチングの場所に着いた。 








f0017185_91013100.jpgこの暑い日に鳥がいるのだろうか。
大きなカメラを抱えて鳥の出番を待っている人たち。
女性には重すぎるカメラをかついでいる。







f0017185_9122514.jpg  船着き場で海を眺めて
  水族館への道を歩く









f0017185_9133560.jpgf0017185_9141785.jpg







遠くから見た時ヨットかと思ったら休憩する場所になっていた。

f0017185_9155033.jpg  Tokyo Sea Life Park
  水族館は面白い。









f0017185_917973.jpgf0017185_9175463.jpg











f0017185_91945.jpg  ペンギンの夫婦はとっても
  仲が良くて死ぬまで一緒にいるとか・・
  人間はどうかな?(笑)
  私は水族館が大好きで
  一日いても飽きないくらいだ。







f0017185_9203164.jpgランチは「シーウインド」
グルメレストランで有名だそうだ。
私は「まぐろかつカレー」
「さっき見た水族館の鮪かもよ」
食べたらとても美味しいい。
おすすめのカレーだ。






歩いていると、向こうから「神田うの」に似た人がこちらに向かって歩いている。
似た人ではなく本人だった。
上から下まで真っ白な洋服に、10cm以上もある高いヒールを履いて
前後に二人の男性のSPがついていた。
どこかで撮影するのかな?

f0017185_9215568.jpg  ダイヤと花の大観覧車
  日本最大級の観覧車で17分の空中散歩。
  1台置きにお客さんを乗せる。
  前のカップルがとても仲がよさそう。
  それを見て私達が余計な想像をする。
  おばさんて嫌ねぇ~

# by mmk0512 | 2017-05-28 10:35 | 散策 | Comments(0)

ローズオカガミ バラ園

小田急線の鶴川駅で降りて、いつもの野菜を売っている無人販売所へ直行。
自然豊かな岡上に森のようなバラ園を作りたくて始めたバラ園。
230種のバラはバラだけでなく緑の木々も沢山ある。
f0017185_1013247.jpgf0017185_1021891.jpg











私達が行った前日にバラ園は閉園で入れなかったけれど
外からその雰囲気を味わった。 

f0017185_1034760.jpg  畑でおばあちゃんが仕事をしていた。
  私達が声をかけて絹さやを分けてもらった。
  少し倒れかけていた絹さやは
  すきなだけとってもいいと言う。
  ソラマメも少しもらって今日のおかず。
  お金はいらないと言っていたけれど
  お茶代にと100円ずつ渡したら
  喜んでくれた。




f0017185_106133.jpg寡黙堂
4年前に来たことがある。
雑然と色々なものが置いてあった。
10円?
まさかこのはかりも10円なの?







f0017185_107963.jpg  「中へどうぞ」
  4年前は歩かなかった道。
  今日は暑いので木陰を歩きましょう。
  「岡上梨子ノ木特別緑地保全地区」の
  看板があった。






f0017185_1082134.jpgf0017185_1085555.jpg







 

「憩いのひろば」に崩れそうな椅子がある。
林の中を登ったり下ったりしながらフキが沢山ある所に着いた。

以前ふきのとうがあったところだ。
私達はまたフキをとり今夜のおかず。

f0017185_101043.jpg  記憶を頼りに駅まで歩いた。

  尾根の道は遠くの山まで見える。
  バスもないところにも新しい家が建つ。
  夜は怖い道。
  少し遅いランチはグラスビールが
  おまけつき。
  今日の歩数計は15000歩だけど
  上り下りの歩きはちょっときつかった。

# by mmk0512 | 2017-05-27 10:17 | 散策 | Comments(0)

映画“MARCH“

f0017185_15125083.jpg  福島県南相馬市の小・中学校の
  マーチングバンドSeeds+(シーズプラス)と
  Jリーグの愛媛FCとの絆をつづった
  短編ドキュメンタリー映画。
  震災の苦難を乗り越えようと
  前を向く福島の人達の今を映し出している。






2017年2月ロンドンで開催された国際映画祭で
「最優秀外国語ドキュメンタリー賞」を受賞した。

俳優の演技がいくら上手でもこの生徒たちにはかなわない。
災害で家を失い仮設住宅で暮らす人々。
バラバラになってしまった仲間たち。
やっと少しずつ仲間が帰ってきて
マーチングバンドの厳しい練習を経て、
立派にグラウンドで演奏して来た。

サッカーを通じて愛媛の人達と交流が始まった。
一生懸命応援してくれる態度に私は涙が出てしまう。
セリフも生徒たちの自然体。
景色もあるがままのもの。
とてもよくまとまっていて奥深い意味があり感動した映画だった。
くだらないテレビを見るならこの映画をNHKでもいいから流して
みんなに見てほしいと思う。

監督は中村和彦氏でろう者サッカー、
知的障害者サッカーをテーマにした映画を手掛けている。

ヨコハマ・フットボール映画祭 プロヂューサーの福島成人氏
二人のトークショーがあった。
お話を聞いてMARCHは震災の3月とマーチングバンドの意味があるとか・・
最後のシーンの話など興味深く聞いていた。

機会があったらぜひ見て下さい。

# by mmk0512 | 2017-05-26 15:18 | 映画 | Comments(0)

生田緑地ばら苑

f0017185_5395144.jpgf0017185_5411460.jpg










f0017185_542849.jpgf0017185_5424381.jpg











向ヶ丘遊園からタクシーで上の駐車場まで行ってもらった。
入口近くで薔薇の香りがしてきた。
約530種、4700株が色鮮やかに咲いている。
バラは花の王女さま!

丁度、ボランテイアの人が説明してくれるところだった。
約1時間たくさんのことを教えてくれた。
暑い!
バラのアイスクリームを食べて木陰で休む。
車いすの人も施設に入っている人もみんな薫り高いバラをみて楽しんでいた。
今年は近年になく沢山咲いていたように思う。
ボランティアの人達のお蔭だ。
有り難う!
  
ランチは生田緑地の「白川郷」で「民家園そば」を食べた。
真っ白なとろろや揚げ玉、山菜が入ったとても味のいいお蕎麦だった。

f0017185_5455982.jpg  ゆっくり歩いて
  まっすぐのびたメタセコイヤを見て、
  岡本太郎美術館を通り
  広場に出る。








ここで私は四葉のクローバーを見つけた。
「この辺にあるわよ~」
友達を呼んでみんなで探すと私はまたもう一本見つける。
なんだか嬉しくなっちゃった~

  

# by mmk0512 | 2017-05-24 05:50 | 散策 | Comments(0)

「夢の湯」(南会津の旅 6)

木賊温泉で朝早くサイレンが鳴り訓練が始まった。
近所の男性が集まってくる。
これから共同で何かするらしい。
宿の奥さんが木賊温泉入口のバス停まで送ってくれた。
少し早く着いてしまった。
何もないバス停。
木がこんもりしていてちょっと恐い。
「1人でここに置くのは心配だからバスが来るまで一緒に待っています」
と言ってくれた。
「大丈夫」だと何回もいったが「もう少し先の明るい所のバス停にしましょう」
と言ってくれたので私はまた車に乗り込んだ。
今度のバス停は片側しかない。
めったに車が通らないからバスが来たら手をあげればいい。
奥さんは又「もう少し先に進みましょう」と又、私を乗せて車を走らせた。

f0017185_1720239.jpg  降りたところは明るいけれど何もない。
  「だれかが来るかもしれませんね」と言うと
  「誰もきませんよ」と笑って言う。
  奥さんは「もう少しお話したかったですね」と
  言い「こんなに時間があるなら
  景色のきれいな道を通ればよかった。
  また来てくださいね。」と。
  親切な奥さんだった。 
  バスが来るまで近くの川を眺めていた。




会津高原尾瀬口駅で予約しておいた切符をキャンセルして
途中の温泉に寄ろうと思い、駅の窓口にいった。
事情を話すとキャンセル料もかかるし普通電車は直通がないので乗り換えが不便だと
地元のおじさんが教えてくれる。
東武電車は儲けるためにしているのだが
お客さんは不便だし野岩(やがん)鉄道は迷惑だと駅員が言う。
近くの「夢の湯」はいい温泉だから、そこに行くように勧められた。

f0017185_17221948.jpg振り返ると三角の建物の向こうに
会津高原尾瀬口駅がみえる。









f0017185_17233739.jpg  夢の湯
  クーポン券を印刷してきたのに
  出すのを忘れてしまった。
  結局割引なしで入る。
  私ってバカみたい!
  温泉の入浴後、約15分くらいで
  固まった赤血球がバラバラになり
  サラサラの状態に回復する。



自然鉱石の力によって酸化させないようにしているのは
熊本県の黒川温泉の「新明館」と、
この「夢の湯」だけだそうだ。


f0017185_17254291.jpg開けた景色を見ながら温泉に入った後、ランチの時間。










f0017185_17264561.jpg  時間をおけないからめったに食べられない
  という「生うどん」を注文した。
  こしがあってとても美味しい。
  お客さんたちと話をする。
  福島に来るといつでも震災の話になる。
  大きな地図を広げて見せて
  「ここは地震の断層がないから
  引っ越していらっしゃい」と
  言われたけれどちょっと不便かな?


駅の近くのお店屋さん。
やっているのかな?とそばに行くとドアが開いてお店の人もお客さんもみんなで
「いらっしゃいませ」と声をかける。
お茶を入れてくれておしゃべり。
「何も買わなくていい」と言ってくれたが
私はお土産を買ってしまった後なので
おせんべいを一袋買った。
お店の人はこれも持ていきなさい」と
テーブルにあったお菓子も一緒にくれた。

f0017185_17293964.jpgリバティは楽だ。
会津尾瀬高原口駅から直通で北千住まで。
途中の景色も木々の葉のコントラストがきれいだった。
着いた同じホームで自宅の駅まで急行の乗り換えなし。
帰りは楽だった。

なぜか私は福島県が好き。
今度紅葉の時期に行ってみたいな~

今回の旅もたくさんの優しさをいただきました。

# by mmk0512 | 2017-05-23 17:41 | 旅行 | Comments(0)

木賊(とくさ)温泉(南会津の旅 5)

f0017185_21115279.jpg  バス停から1時間も歩く秘湯の湯。
  約1000年も前に発見された
  南会津の隠れ湯だ。
  川床から湧き出る温泉は
  露天の岩風呂。






露天風呂に下る道の前の商店に
男性たちがいた。
女性たちがお風呂から上がってくるのを待っているのか、
お風呂上りにビールを飲んでいるのかわからないけれど
目の前の階段を降りて行くのは嫌だったのでここを通り過ぎた。

f0017185_21132668.jpgもう少し歩くと別の下る道。
急な坂で車は進入禁止。
歩きにくい道を下ると神社があった。









f0017185_21153861.jpg  やっと露天風呂が見えてきた。
  露天風呂に近づくと誰もいない。
  混浴なのでちょっと勇気がいるし
  湯浴み着も宿から借りてこなかったので
  手と足だけ温めた。







広瀬の湯まで歩いているとしゃくなげがきれいにさいている。
桜も桃の花も満開だった。
f0017185_21171059.jpgf0017185_21174325.jpg











f0017185_21193514.jpg  公衆浴場「廣瀬の湯」
  スタッフは誰もいない。
  自動販売機で300円のチケットを買い
  箱に入れる。
  今日のお客さんは
  チケットが11枚あったから11人。






1人先客がいて彼女はお話し好きの人だった。
「どこからきたの?」
「どこに泊まるの?」
いつも聞かれるセリフ

f0017185_21204558.jpg夕食
得意のイワナの塩やき。
山菜は地下に掘ったところに埋めておく。
秋から冬にかけて山菜のストックだ。
釣りに来た人と話をする。
「明日つれるといいですね」




物音ひとつしない静かな夜に急にサイレンが鳴って驚いた。
どこに集落のスピーカーがあるのだろう。
「明日の朝、非難訓練をするサイレンが鳴るから驚かないように」

寝る前に温泉に浸かった。
夜は冷えるのでポカポカして温かい。
今日は3度も温泉に入ってしまった。
おやすみなさい。

# by mmk0512 | 2017-05-21 21:27 | 旅行 | Comments(0)